報酬形態について

弁護士に相談した結果、示談交渉などを依頼することになることもあるでしょう。そのような場合、もっとも気になるのは報酬のことではないでしょうか。弁護士の報酬形態がどのようになっているのか詳しくご存知という方は少ないでしょうし、いったいどのような費用が発生するのか想像もつかないという方がほとんどでしょう。まず、交通事故の示談などを依頼すると着手金が発生します。これは弁護士の初動活動にかかる費用と考えれば良いでしょう。着手金は示談の結果などに関わらず必ず必要となってくる費用です。

報酬金次に報酬金です。これは文字通り弁護士への報酬となりますが、基本的に示談で慰謝料が増額した場合などに弁護士へ支払うことになります。依頼したことの成功度合いによって発生するものですから、必ず支払いが必要になるということはありません。依頼した内容が不調に終わってしまった場合などは報酬金を支払わなくてよくなるケースがほとんどです。慰謝料が示談交渉によって増額した場合などは報酬金を支払う必要がありますから覚えておきましょう。弁護士事務所によって報酬体系はやや異なってくることもありますから、事前に質問しておくと安心かもしれません。